とっても行ってみたいです!! 世界9大おもちゃ屋さん!!

0601_1

いわゆるおもちゃ屋さんというのは日本ではとても少なくなってしまいましたが、世界にはまだまだ一度は行ってみたいと思うような特徴的なおもちゃ屋さんが存在します。その中でもベスト9(ちょっと不思議な数ですが)を世界中を旅しているGlenfiddich Explorersというグループがまとめています。

はたして、どんなおもちゃ屋さんがランクインしているのでしょうか? 日本からも意外なものがランクインしています。

以下が、選ばれた9つのおもちゃ屋さんです。やはりアメリカのお店が多く選ばれていますね。大きいお店はその国主要都市にあるようなので、旅行で訪れたときには忘れずに訪れたいですね。

1. FAO Schwarz, New York City, USA

映画『ビッグ』は子ども時代や子ども心を持ち続けることの素晴らしさを教えてくれる名作映画ですが、その中に登場する巨大おもちゃ屋さんが、このニューヨーク5th アベニューのFAO Shwarz メガストアだそうです。映画の最も有名なシーンで使われている足で踏んで演奏する巨大鍵盤も販売されていて25万ドルくらいで購入することが可能だそうです。また、FAO Shwarz メガストアの魅力は巨大なぬいぐるみ動物園だそうです。夢のようですね。そして人形の養子縁組センターがあると書いてありますがどういうことでしょうか。

2. Toys ‘R’ Us, New York City, USA

ニューヨークのタイムズスクエアにあるToys ‘R’ Usは世界最大のおもちゃ屋さんで、その店内には18mの観覧車、人間が入れるサイズの二階建てのバービーハウス、巨大なティラノサウルスなどがいるそうです。ちょっと画像検索しただけでもその広大さがわかりますね。

3. Hamleys, London, UK

Hamleysというのは世界中にあるおもちゃ屋さんなんだそうですが、その中でもロンドンの店舗は世界一だそうです。7階建てのフロアではあらゆるおもちゃが手に入り、時折スタッフが行うコスプレも魅力の一つだそうです。けれども一番の魅力は各階でいつも行われている実演販売だということです。

4. LEGO Stores, Berlin, Germany

世界中に50ほどあるレゴのお店の中でも、ベルリンにある旗艦店は最高峰なんだそうです。店舗のデザインもすばらしく(こんな感じでたしかにすごそうですね)、また家族向けの勉強会も開催されているそうです。

5. Charles Ro Supply Company, Malden, Massachusetts USA

古い駅を彷彿とさせる建物のCharles Ro Supply Companyのマサチューセッツのストアはおそらく世界最大のおもちゃの機関車のお店ということです。特にお薦めの来店時間は土曜日の午前10時から4時で3フロアで6路線もあるすべてのおもちゃ機関車が稼働するそうです。それは見逃せないですね。

6. Doll Hospital 1830, Lisbon, Portugal

世界でもっとも古い、人形のための病院と言われているのが、ポルトガルのリスボンにあるDoll Hospital 1830です。緊急救命室や、手術台があり、5ドルから1000ドルで手術が受けられるそうです。

7. Gashapon, Japan

ガシャポンとは皆さんご存知のあのガシャポンです。当然おもちゃ屋さんではないのですが、その種類の豊富さと、アイテムの面白さなどが日本独特のおもちゃ文化であるということで選ばれたようです。確かに、秋葉原などで見かけるガシャポンマシンが大量に並んだフロアなどは、ミニチュア版おもちゃのメガストアと考えることもできるかもしれませんね。

8. Lark Toys, Kellogg, Minnesota, USA

Lark Toysはアメリカでも知る人の少ないおもちゃ屋さんなんだそうですが、そこは50年代のコニー・アイランドの遊園地がタイムスリップしてきたかのようなワクワクできるお店なんだそうです。手彫りのメリーゴーランドや、18ホールのミニゴルフコースや、ビンテージおもちゃのミュージアム、巨大な子どもの本売り場など子どもたちを虜にするような売り場であふれているそうです。

9. Barbie Store, Shanghai, China

上海にある世界最大のバービーストアはおもちゃ屋さんとは思えないほどスタイリッシュな6階建の建物なんだそうです。フロアの移動はらせん階段かピンクLEDライトで照らされたエスカレーターで行い、4階のバーカウンターではピンクのグラスに入ったドリンクを飲むことができるそうです。(サイトはなぜかめちゃめちゃ重いので掲載していません。)

via:Sabotage Times