今一番「生きてる」ぬいぐるみ、GUNDのAnimated Pluash シリーズをまとめてみました。

0619_0-3

「お気に入りのぬいぐるみが動き出したらいいのに」というのは某映画の主人公でなくとも、ぬいぐるみや、お人形好きなら誰しも夢想したことがある願いではないでしょうか。

そんな子どもの願いをかなえてくれるのが、アメリカ最大のぬいぐるみブランドGUNDのAnimated Pluashシリーズです。電池で動くぬいぐるみは珍しくないですが、GUNDの同シリーズの特徴はなんといってもその動きの滑らかさです。

このたび新商品が発売されるそうなので、シリーズをまとめてみました。

まずは一番動きの激しい赤ちゃんだっこバージョンです。見どころは最後のキスの滑らかさ。

お次は、バースデーソングバージョン。めっさノリノリで誕生日をお祝いしてくれます。今回日本で新発売される商品です。

いびきをかくパパとくまぼうや。GUNDの人気ベアGOOBERパパとこどもの掛け合いを楽しめます。

ティラノサウルスは、首を左右上下にも動かせるのが特徴。かなりおっさん声です。

お眠りワンちゃん。ほっぺプルプルさせすぎ。ミミミミミミミミー。

そして、真打登場。空前の大ヒットを飛ばした(はず)PEEK A BOO BEARです。PEEK A BOO BEARは名前通り「いないいないばあ」遊びができるくまなのですが、本当に子どもと遊んでいるかのように語りかけてきます。一度、「いないないばあ」が終わると最後には催促してくる念の入れようです。

ヒットを受けてか、世界戦略か、各国語ローカライズバージョンも発売されています。日本では日本語バージョンが入手可能ですが、声の雰囲気からおすすめは英語バージョンです。英語バージョンは日本ではPLAZAでお試しできる可能性があります。

これが日本語バージョン。

以下はおまけの各国語バージョンです。

フランス語バージョン。

ドイツ語バージョン。

スペイン語バージョン。

GUNDはこれら以外にも普通のぬいぐるみも大量にリリースしていますが、残念ながら日本でそのラインナップをまとめてみられるところはありません。各地のお土産やさんやいわゆるファンシーショップのようなところで販売されていることが多いです。

ただ、GUNDのWEBショップで販売している商品は直接日本への配送が可能で、PEEK A BOO BEARであれば30ドルで配送してくれます。